テニス

GOSEN(ゴーセン) ラケットバックパック Casualを徹底レビュー

 

おしゃれなデザインのテニスラケットバック。

ゴーセン(GOSEN)の「ラケットバックパック Casual」が気になっている方は多いハズ。

 

今回はそんな「GOSEN(ゴーセン) ラケットバックパック Casual」を徹底レビューしちゃいます。

 

「GOSEN(ゴーセン) ラケットバックパック Casual」

 

まず結論から言うと、買って良かったです!

 

 

今回のラケットバック選択ポイント

 

 

  1. デザイン性(いかにもテニスという感じではない)
  2. バッグの種類(バイク、自転車での移動)
  3. 大きさ・容量(近場のスクールに通える程度)
  4. 機能性(防水性と収納など)

 

 

1.デザイン性

 

まずは、デザイン性が重要でした。

「いかにもテニスバックです」というデザインは選びたくなかった

 

なぜなら、普段バイクに乗るので、バイクに似合うものが欲しかったからです。

どうせなら移動時もお気に入りのものを使って、気分良くいきたいですからね。

 

会社帰りにテニスをするという方にも、デザイン的には許容できる範囲かと思います。

 

 

2.バッグの種類

 

次に、バッグの種類です。

テニスバッグの種類には大きく分けて4種類あります。

 

  • リュックタイプ : 一般的によくみかけるラケバ。容量が1本~15本と幅広い。
  • バックパックタイプ : ラケットは1〜2本しか入らないけれど、デザインは豊富。
  • トートタイプ : いわゆるトートバッグ。最近は男性にも人気。
  • トーナメントタイプ : 手や肩にかけるタイプ。

 

私はバイクや自転車での移動がメインになるので、リュックタイプかバックパックタイプですが、デザイン性からバックパックタイプを選択しました。

 

 

チェストベルトが付いているので、運転中もバッグが暴れないのもポイント。

 

 

ちなみに、それぞれの特徴は以下の通り。

 

リュックタイプ

・ラケットがすっぽり収まる

・1本入り~15本入りと用途によって使い分けられる(2~6本が一般的で使いやすい)

・両手が空くので、自転車やバイクで移動しやすい

・機能性の高いものが多い

 

 

バックパックタイプ

・ラケットがすっぽり収まるもの、グリップが出るものがある

・1本入り~2本入りがほとんど

・両手が空くので、自転車やバイクで移動しやすい

・デザインが豊富

 

 

トートバッグタイプ

・柄が出るが、中にアクセスしやすい

・1本入り~2本入りがほとんど

・荷物が少なく、歩く距離が短い方や、自転車のカゴに入れたい方向け

・デザインが豊富で私服に合わせやすい

 

 

トーナメントタイプ

・ラケットがすっぽり収まる

・2本入り~3本入りが多い

・片手で持つタイプ

・デザインが豊富

 

 

3.大きさ・容量

 

次に、バッグの大きさ・容量です。

テニスのトーナメントに出る予定も、遠くに遠征する予定もない私。

近場のテニススクールや、テニス場に通える程度の容量があれば十分です。

 

ラケットは1本~2本で、シューズが入る。

他はタオルや着替えなど、最低限のものが入ればOK。

 

逆に「あまり大きなものは邪魔になる」という考えです。

 

以下の写真を見ていただければ、大きさがなんとなくわかると思います。

 

他のバッグと比べてみた写真。

 

・・・正直、近場のスクールに通うにしては大きいですね。。

 

でも、ここは機能性の面から多少目をつむりました。

ツーリングにも使えそうですしね!

 

 

4.機能性

 

最後に機能性です。

一番重視したのは防水性

 

バイクや自転車での移動なので、雨は避けられません。

完璧な防水は求めてないけど、突然の雨でラケットやバッグの中身が濡れるのは避けたかった

 

ラケットグリップが出るタイプだと、どうしてもファスナーが完全に締まらないし、そもそもラケットが濡れてしまいます

 

ということは、ラケットが丸々収まるタイプを選ぶしかなかったのです。

このタイプは、どうしたってバッグのサイズが大きくなるのですが、仕方なし。

 

今回購入した「GOSEN(ゴーセン) ラケットバックパック Casual」は、素材がナイロンなので多少の雨なら防いでくれます

 

この他には、シューズ入れが独立し外側からアクセス出来たり、

 

横にペットボトルを入れられたり

 

収納が豊富だったりします。

ラケット2本と2日分の着替え等が入る容量です。

 

メイン収納へのアクセスは上からしか出来ないので、奥のものを取りたいときに多少不便。

また、シューズは下に入れられますが、入り口が若干せまく、他の荷物に押されて取りづらくなく可能性があります。

 

使いづらいときには、簡単なシューズケースを別途買ってメイン収納へ収納。

シューズ入れの部分はボールを入れるなど、他の用途で使うと良いと思います。

 

 

以上、「GOSEN(ゴーセン) ラケットバックパック Casual」の徹底レビューでした。

少しでも参考になれば幸いです。

-テニス

Copyright© サトマトメ , 2020 All Rights Reserved.