ガジェット パソコン

ThinkPad X270 FnキーとCtrlキーの入替え方法

ThinkPadは「Fn」キーと「Cntrl」キーが逆!

ThinkPadのキーボードって、最初、違和感ありませんか?

 

X270に限らずThinkPadのキーボードを初めて使うと、ちょっと違和感があると思います。

なぜなら…

 

そう、「Fn」キーと「Cntrl」キーが逆だからです。

 

その辺りの配列はMacのキーボードに近いのかもしれませんが、普段からWindowsを使ってる人間には違和感があり、どうにも使い慣れないと思います。

 

特に他にもWindowsのパソコンを持っていて、環境によって使い分けてる人は、ThinkPadを使う時だけ毎回こんがらがるはずです。

 

これは困りますよね。

 

といいことで、サクッと「Fn」キーと「Cntrl」キーを入れ替えちゃいましょう。

慣れない画面が出てきますが、誰でも簡単に出来るので安心して下さい。

 

 

ThinkPadの「Fn」キーと「Cntrl」キーを入れ替えよう!

では早速!
(画面はWindows11の画面ですが、Windows10でもそう変わらないと思います。)

 

step
1
パソコンを回復から再起動する。


まずはパソコンの設定画面を開きます。

次にWindows11なら「システム」→「回復」の「今すぐ再起動」をクリック。

Windows10なら「更新とセキュリティ」→「回復」の「今すぐ再起動」をクリック。

 

 

step
2
BIOS画面を開く

再起動すると、オプションの選択画面になりますので、「トラブルシューティング」をクリック。

 

次に「詳細オプション 」をクリック。

 

続いて「UEFI ファームウェアの設定」をクリック。

 

「再起動」をクリックします。

 

 

step
3
BIOS画面で「Fn」キーと「Cntrl」キーを入れ替える

BIOS画面ではマウスやトラックパッド等は使えないので、キーボードのみで操作していきます。

実行する際は「Enter」キーを押します。

 

キー矢印「→」を押して「Config タブ」を選択。

キー矢印「↓」を押して「Keyboard / Mouse」を選択し、「Enter」で実行。

 

キー矢印の「↑」「↓」で「Fn and Ctrl Key swap」を選択し「Enter」で実行。

 

キー矢印の「↑」「↓」で「Enabled」を選択し、「Enter」で実行。

 

すると、「Fn and Ctrl Key swap」が先程の「Disabled」から、「Enabled」に変わりました。

 

最後に「F10」キー(Save and Exit)を押すと、ポップアップが表示されるので、キー矢印「→」「←」で「YES」を選択し、「Enter」で実行。

 

すると設定の保存され、再起動されます。

 

これで「Fn」キーと「Cntrl」キーが入れ替わったはずです。

どうです?簡単だったでしょ?

 

これで快適になったはずです。

ThinkPadの「Fn」キーと「Cntrl」キーに不満がある方は、ぜひお試しあれ!

-ガジェット, パソコン
-,

Copyright© satoMatome , 2022 All Rights Reserved.