お金のこと 増やす 稼ぐ 貯める

サラリーマンがお金持ちになる方法はあるのか?

 

  • あなたは現在サラリーマンですか?
  • あなたは現在お金に関する悩みを持っていますか?
  • あなたは将来お金に悩まされない生活を送りたいですか?

 

サラリーマン人口の多い日本において、これらの項目に当てはまる方は多いと思います。

私も当てはまりますw

 

残念ながら、一般的にサラリーマンはお金持ちになれないと言われています

しかし、本当にそうなのか?

今回は、サラリーマン人口の多い日本においてサラリーマンがお金持ちになるための方法を検証していきたいと思います。

 

この記事を読んで、あなたも私と一緒にお金に悩まされない生活を目指しましょう!

(情報商材を売りつけるわけでも、投資商品を売りつけるわけでもないので、安心して読み進んでくださいw)

 

 

本当のお金持ちとは?

 

 

まず大前提として、映画やドラマで観るような「お金を湯水の如く使う人」がお金持ちなのではありません

これは広告業界や映画業界によって、見事に刷り込まれた幻想です。

 

豪華な屋敷に住み、高級車に乗っている人たちは、実際にはあまり資産を持っていない。

大きな資産を持つ人々は、そもそも高級住宅街に住んでいない。

書籍「となりの億万長者」より

 

確かに世の中には資産も沢山もっていて、「お金も湯水の如く使う人」がごく少数ですが存在しているとは思います。

しかし、サラリーマンではそんなお金持ちにまずなれないでしょう。

 

では、ここでいうお金持ちとはどういう定義なのか?

ここでは分かりやすく「資産が1億円以上ある人」としておきます。

 

資産が1億円あれば、毎月もらえる給料がなくなったとしても、ライフスタイルを変えることなく、何年も生活していくことができます。

経済的に自立している状態といえます。

 

私たちサラリーマンが目指すべきなのは、このラインではないかと考えます。

 

 

サラリーマンがお金持ちになる方法①

 

 

では実際にどうしていけば、お金持ちになれるのでしょうか?

まず一つ目の方法は、「支出を減らす」ことです。

 

投資の才能やビジネスの才能がなくても、支出を減らすことは誰でも出来ます。

逆に「支出を減らす」ことが出来なければ、一生お金持ちになれません。

 

スマホ代、インターネット代、保険代、車代、住宅コストなど、毎月かかる固定費を見直せば、毎月数万円

年間で十数万円を節約することができます

 

毎月もらえる給料が、数万円アップしたと考えてみてください

普通に今働いている会社で、毎月の給料を数万円アップするのはなかなか難しいのではないでしょうか?

 

しかも、削減したのは固定費なので、一度やってしまえば、その後は特に何かする必要もありません。

毎日スーパーのちらしを比較して、数円数十円安いところへ買い物に行く必要もありません。

固定費の削減は、最も費用対効果の高い方法なのです。

 

また、クレジットカードやオートローン、ショッピングローンなど金利の高い借金があれば、早めに返済しましょう

こういった借金は、年10%前後の金利が付いている思います。

 

年10%前後の投資商品なんて、まず一般の私たちにはお目にかかれないです。

借金はそれだけの逆投資をしているのと同じ。

早めに返済すれば、その分の利回りを得たと同じですので、出来るだけ早めに返済してしまいましょう。

 

 

サラリーマンがお金持ちになる方法②

 

 

支出を減すことが出来たら、次は「貯金」をしましょう。

まずは収入の10%から貯金をはじめて、20%、30%と無理のない範囲で徐々に上げていくのがいいでしょう。

 

収入がアップしても、毎月かかる固定費や生活費を大きく上げないのもポイントです。

例えば収入が倍アップしたら、固定費・生活費はその20%まで上げて良いなど、自分なりのルールを決めておくと良いかと思います。

例:

手取り20万→40万(200%)、固定費・生活費15万→18万(15×0.2=3万)

手取り20万→200万(1,000%)、固定費・生活費15万→30万(15×1=15万)

 

 

サラリーマンがお金持ちになる方法③

 

 

次にやることは、「働き手を増やす」ことです。

 

独身であればどうすることも出来ませんが、結婚しているなら共働きにしましょう。

共働きであれば、その分収入が増えますからね。

 

一人で1,000万円稼ぐより、共働きで1,000万稼いだほうが手取りも大きくなります。

 

年収別 手取り金額一覧(住民税などは住んでいる自治体によって徴収額が大きく変わる)

年収300万円 税金60万円 手取り236万円
年収500万円 税金119万円 手取り381万円
年収700万円 税金194万円 手取り506万円
年収900万円 税金261万円 手取り649万円
年収1,000万円 税金295万円 手取り705万円
年収2,000万円 税金710万円 手取り1290万円
年収5,000万円 税金2127万円 手取り2873万円

 

例えば、同じ年収1,000万円世帯であっても

年収1,000万×1、税金は295万円 → 実際の手取りは1,000-295=705万円。

年収500万×2、税金は119万円×2 → 実際の手取りは1,000-238=762万円。

と、共働きの方が手取りが50万円ほど高くなります

 

 

サラリーマンがお金持ちになる方法④

 

 

収入を増やす次の手段は、「転職をする」ことです。

現在満足のいく収入を得ていないならば、業種を問わず、転職を考えてください。

 

実際私は、全くの異業種に転職をして、手取りが倍程度増えました。

オススメは「転職エージェント」を利用することです。

 

ハローワークや転職サイト・求人サイトから直接応募するよりも、転職エージェントを利用したほうが収入アップに繋がりやすいです。

 

転職エージェントであれば、年収アップに繋がるノウハウを活かして企業と交渉したり、そもそも年収の高い業界や職種、需要が高く供給が少ない職種を知っていたりします。

きっと、あなたの希望にあった仕事を紹介してくれるはずです。

 

無料なので、今の収入に不満があるなら、登録だけしてみるのもありだと思います。

実際私も最初はあまり深く考えず、いい転職先があったら話だけ聞いてみようという感じでした。

 

おすすめ転職エージェント3選

●「 マイナビエージェント
→20代・30代・第二新卒の実績が豊富

●「type転職エージェント
→転職者の71%が年収UP

● 「リクルートエージェント
→ 転職が難しい40代でも最適な求人に出会える

● 「doda
→ 転職したいけど「何から始めていいかわからない」という方に最適

 

 

サラリーマンがお金持ちになる方法⑤

 

 

収入を増やす次の手段は、「個人事業主として副業をする」ことです。

収入を増やすだけでなく、税金対策にもなります

 

個人事業主として開業し、青色申告をすれば利益の「65万円」まで税金がかかりません

 

例えば、サラリーマンで年収500万円を稼いでいたとします。

手取りは約381万円

年収565万円にアップしたら、手取りは約432万円

サラリーマンが年収が65万円アップしても、手取は約50万円しか増えていない。

 

ところが個人事業主として65万円稼いで青色申告をすれば、65万円がまるまる手元に残ります

サラリーマンと比べると15万円も差があります。

 

更に、個人事業主であれば、日常の生活費を経費として計上できる場合があります

例えば、副業として始めた事業が自宅で出来る仕事であれば、家事按分費として家賃や光熱費、通信費の一部を経費として計上出来るのです。

 

もちろん、事業が軌道に乗って成功したら、サラリーマンとして稼ぐ額よりも遥かに多くの額を稼ぐこともできます。

人によってはそこまで稼がなくても、月5~10万程度稼げればいいという人もいるでしょう。

そんな場合でも、バイトではなく個人事業主として稼いだほうがお得です。

 

副業の例としては、

フロー型(単発型収益)、Uber Eatsやプログラミング、せどり、動画編集。

ストック型(継続型収益)、ブログ、賃貸不動産。

などになります。

 

 

サラリーマンがお金持ちになる方法⑥

 

 

生活防衛資金(半年から1年ほど暮らせる金額)を確保しつつ、ある程度貯金が貯まってきたら、次は資産運用をしていきます。

 

資産運用をしなければ、いつまで経っても資産が増えません。

資産運用にはもちろんリスクはあります。

しかし、貯めた現金をずっと持っておくのだって、現金の価値が下がるリスクがあるのです。

 

資産運用には、得た利益を再投資することによって利息がどんどん膨らんでいく複利の効果も期待できます。

投資のプロでない私たちは、長期的に複利の力で資産を増やしていく方法が堅実なのです。

 

もっとも堅実なのは、日本の国債などの債権です。

その分リターンは期待できないので、年齢や家庭の状況に合わせて他と組み合わせることが大事です。

 

次は、投資信託です。

投資信託でもインデックスファンドがオススメです。

インデックスファンドは、日経平均株価やTOPIXなど、市場全体の動きを表す代表的な指数(インデックス)に連動した投資成果を目指す投資信託です。

 

ちなみに、プロの運用するアクティブファンドは、機械的に投資するインデックスファンド勝ったことがありません。

 

インデックスファンドは、投資の神様とも呼ばれる「ウォーレン・バフェット」も推奨している方法です。

(正確には、アメリカ株(S&P500)へのインデックス投資)

What I advise here is essentially identical to certain instructions I’ve laid out in my will.
~(中略)~
Put 10% of the cash in short-term government bonds and 90% in a very low-cost S&P 500 index fund. (I suggest Vanguard’s.) I believe the trust’s long-term results from this policy will be superior to those attained by most investors – whether pension funds, institutions or individuals – who employ high-fee managers.
BERKSHIRE HATHAWAY INC. SHAREHOLDER LETTERS 2013

「私がおススメしたいのは、私が遺言に記した方法と本質的に同じやり方をとることです。
(中略)
現金のうち、10%は米国短期国債にし、90%は超低コストのS&P500のインデックスファンドに投資しなさい(例えば、バンガード社のファンドです)。

そうすれば、高額な手数料をとる運用者に委託している、どの投資家(年金基金など)よりも、長期的にみれば、よい結果を残せるものであると信じています。」

 

他のオススメとしては高配当株ですが、私も現在勉強中なので、進展したら記事にしてみたいと思っています。

 

お得な制度を利用する

今はつみたてNISAやiDeCoなど、税金が有利になる制度があるので有効的に活用すると良いです。

ちなみに私もつみたてNISAを活用して、S&P500のインデックスファンドに投資しています。

 

 

まとめ

 

 

サラリーマンがお金持ちになる6つの方法

  1. 支出を減らす
  2. 貯金をする
  3. 働き手を増やす
  4. 転職をする
  5. 個人事業主として副業をする
  6. 資産運用をする

 

以上、サラリーマンがお金持ちになる6つの方法でした。

少しでも参考になれば幸いです。

また、それぞれの項目については、今後、より具体的に書いていこうと思っていますので楽しみにしていてください。

-お金のこと, 増やす, 稼ぐ, 貯める

Copyright© サトマトメ , 2020 All Rights Reserved.